Canon EF 70-200mm F2.8 L IS II USM

キヤノンは、大口径望遠ズームレンズ「EF 70-200mm F2.8 L IS II USM」を購入後、この連休に本格的に使用してみての使用感などを個人的にちょっと書いてみます。

(使用感については、個人差がありますので、あくまでも私個人の使用感です。)

私のメインの撮影場所は体育館(ミニバス撮影)です。

これまで使用していたCanon用レンズは中古の[SIGMA 28-70mm F2.8 EX ASPHERICAL DF]これ1本でした。

体育館での撮影のため[F/2.8]と[28-70mm]で、当初コートサイド側からの撮影が多く満足しておりましたが、最近エンドライン側からの撮影(会場によっては2階席からの撮影)が多くなり、ワイド端の時は良いのですがテレ端の時どうしても距離的に短く(トリミングは基本的にしません。)AF性能も最近のレンズにはかないません。

と言うわけで、レンズの選択が始まりました。
候補:EF85mm F1.8 USM
   EF135mm F2L USM
   EF70-200mm F2.8L USM
   EF70-200mm F2.8L IS II USM
   シグマAPO 70-200mm F2.8 EX DG
   シグマAPO 70-200mm F2.8 EX DG OS(7/23発売)

当初 体育館での撮影なので、明るい単焦点が第一候補(予算的にも)でしたが、手持ちのレンズが1本なので、そう次々にレンズの購入が出来ない(運動会用レンズ)も持ってない為、望遠ズームの中からCanonとSIGMAの上記のレンズに絞り、[手ぶれ補正]が有った方が良いので、 [EF70-200mm F2.8L IS II USM]になりました。

※購入時はまだ[シグマAPO 70-200mm F2.8 EX DG OS]の発売日は決まっていませんでした。

前置きが長くなりました。

【操作性】
ズームリングやピントリングは操作しやすく、フォーカスリミッターやIS切り替えスイッチの形状も誤操作することもなく良いです。

【表現力】
初めてのLレンズですが、F2.8の開放から凄くシャープな画質です。解像度、ボケともに申し分ない。

【携帯性】
カメラ+グリップ+レンズで2.5kg程で、かなり重たくなりましたが、このクラスのレンズに携帯性を求めてはだめですね。[SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS]でも、1430gあります。
運動会の時は、[EXTENDER EF1.4×II 220g]も欲しいですね。≒2700gになります。
[IS]の動作音は静かでまだ低速シャッターでは、使用してないけど4段分あるので問題ないと思います。、[AF]は爆速で言うことなし。

【総評】
Ⅰ型も十分評判の良いレンズだと思いますが、確実に進化していると思います。
重さについては、やはり腕を鍛えるか、一脚が欲しい所です。
この[レンズ]で、体育館での写真の歩留がかなり向上しました。[AF]性能のおかげです。


清水の舞台から飛び降りても後悔しないレンズだと思います。
注意:本当に「清水の舞台から飛び降りないで下さい。」


関連記事